上場会社の監査法人の交代、会計監査の実務などを解説しています。

監査役(会)との連携

税理士,川崎,日本橋見聞きする範囲でも、監査法人か監査役が交代した時には、若干やりとりがありますが、
どちらからともなく、関係が冷え切っていく、というと言い過ぎでしょうか?

中堅の上場会社における監査役(会)で、
監査法人とのコミュニケーションを、うまく文書に落とし込まれているものを拝見することは、
あまり多くありません。

「報告会の席を設け、お互いの活動報告書を、お互いに、一方通行で提出し合う、、、」
ところで止まっているのを見聞きすることが、比較的多いのではないでしょうか?

これも、開示上の支援 と同じで、

「事前に」協議をすることだけでいいのです。
上記の報告書の類を例にとっても、かなり見栄えが良いものになります。

以上が励行できている監査法人(現場責任者、主査)は、これも意外と多くはないようです。
経理担当者の中には、監査役から同種の依頼があるとも聞きますが、
監査意見に直接関係のない作業であることもあり、
いろいろな制約のある監査現場では、積極的に取り組む余裕がないのかもしれません。

私どもの考える 会計監査 業務

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-4405-7190 受付時間 9:30 - 17:30 [土・日・祝日除く]

私どもの考える 会計監査 業務

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 会計・監査・研究所 All Rights Reserved.