上場会社の監査法人の交代、会計監査の実務などを解説しています。

進め方のポイント③_販売システムの見直し

問題の所在

検討の結果、販売システムに係るインプット、処理、アウトプットに変更を要すると判断される場合、パッケージソフトの機能によっては、当該変更を単純にパラメータの変更で実現できないケースが想定されます。(特に親会社に比して廉価なシステムを利用している子会社)

対応方法の案

標準的には、以下の対応案が考えられます:

  1. この機に、業務システムを更新する
  2. 現状のシステムを一部改修する、アドオンを作成する
  3. 処理だけが対応できない場合には、システムからCSVデータを掃き出して修正処理を設定したエクセルに流し込む(アウトプットの修正もエクセル上で処理する)
  4. アウトプットだけが対応できない場合には、別途、エクセルなどで帳票を手作成する
  5. 重要性の乏しい子会社で、当該重要性は当面変わらないことが見込めれば、重要性で処理する

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-4405-7190 受付時間 9:30 - 17:30 [土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 会計・監査・研究所 All Rights Reserved.