上場会社の監査法人の交代、会計監査の実務などを解説しています。

監査法人を変更した場合の、明らかなメリットは?

タイトルのことですが、これも、よく聞かれるご質問です。

監査人の交代を社内稟議に上梓する立場の方にとっては、たしかに社内を説得するのに、この説明ができれば、ラクでしょう。

。。。。しかし、このご質問に対しては、申し訳ないのですが、「どの上場企業様にとっても共通な、普遍的なメリットというものは無いと思います。」と正直にご説明しています。

実際に、監査法人を変更された上場会社様の全てが、監査法人を交代する場合に、明らかなメリットを期待して交代したのでしょうか?

想像ですが、そうではなくて、

  1. 決算処理で、事前に何も言っていなかったのに、決算中になってダメ出しをいうことが、何度もあった
  2. 自社が抱える課題の解決があって、それを監査法人に相談したけれど、対応が期待したレベルではなかった

というような、いわば、「交代を検討せざるを得なかった」のではないか、と思います。

1.であれば、、、子会社株式の評価、デリバティブの評価、固定資産の減損の評価 等々、、、

2.であれば、、、個別決算の正確な集計、債権・債務の確定、子会社の管理、連結決算の早期化・正確化、JSOX、海外子会社の対応、開示の充実、決算の早期化、IFRS早期適用 等々、、、、

[シリーズ] 監査法人の交代について

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-4405-7190 受付時間 9:30 - 17:30 [土・日・祝日除く]

[シリーズ] 監査法人の交代について

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 会計・監査・研究所 All Rights Reserved.