上場会社の監査法人の交代、会計監査の実務などを解説しています。

監査業務とコンサルティング業務の日程が重なってしまうのでは?

Q

監査業務とコンサルティング業務を、異なる会社に同時期に提供したら、日程が重なってしまうのでは?

A

別のところで書いております通り、私どもでは、監査業務自体の質を維持するためにも、他社でのコンサルティング業務を受注し継続することは「不可欠である」と考えております。

そのため、「監査業務とコンサルティング業務をいっしょにやって大丈夫なの?時期が重なったら、監査業務にしわ寄せがくるのでは?」と疑問を持たれるかもしれません。

しかし、私どもの専門である上場企業又はそのグループ会社向けのコンサルティング業務は、上場会社の決算時期には、会社様側から小休止にすることを提案されることが通常です。そのため、監査法人として、監査業務と、コンサルティング業務は、実施する時期が重ならないことが通常なのです。

ですので、両方の業務を監査法人として受注しても、監査クライアントとコンサルティング支援クライアントの、いずれにもご迷惑をおかけするリスクは、実際には想定されません。

私どもの考える 会計監査 業務

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-4405-7190 受付時間 9:30 - 17:30 [土・日・祝日除く]

私どもの考える 会計監査 業務

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 会計・監査・研究所 All Rights Reserved.